コンテンツにスキップ

GitHub Actionsメモ

最終更新日: 2021-04-01

Events that trigger workflows

pull_request

  • 公式リファレンスが手薄くイベントの意味を明示してないので動きを実際に確認したものをメモ程度に。基本は意味のままだと思いますが…
1
2
3
opened: PRが開いたとき
reopened: PRが開き直されたとき
synchronize: PRに対してPushが走ったとき

特定ブランチから特定ブランチへの PR を阻止する

  • サンプルで作っただけなので中身は適当
    • pull_requestbranches を先頭に書かないと、指定ブランチ以外でも走るので注意
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
name: testing on opend PR to main
on:
    pull_request:
        branches:
            - main
        types:
            - opened
            - reopened
            - synchronize
jobs:
    # 事前ブランチチェック
    before-check:
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
            - name: fail case
              if: startsWith(github.head_ref, 'test/') && github.base_ref == 'main'
              # test/* ブランチから main ブランチ宛である場合
              # exit 1で終了することで Workflow を failure 扱いにする
              # https://docs.github.com/ja/actions/creating-actions/setting-exit-codes-for-actions
              run: exit 1
              # 前の if に入らなければ、そのまま次のジョブにつながる
    after-exec:
        # 指定されたジョブの成功を要求、失敗している場合、このジョブを実行しない
        # 必然的に線形実行になる(並列では走らない)
        needs: [before-check]
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
            - name: TEST!
              run: echo "RUN after-exec"