コンテンツにスキップ

ffmpegを使ったRTP配信の備忘録

最終更新日: 2021-04-01
  • Windows 10 で ffmpeg を使って WebCam の内容を RTP で送受信する事について調べたので、そのログ
  • 送信するフォーマットは H.264, G.711
  • ffmpeg4.1 を使用

基本

  • ffmpeg [global_options] {[input_file_options] -i input_url} ... {[output_file_options] output_url}

    • -i の前にあるものが global_options

      • input_file_options も -i の手前にある
    • -i で入力を指定

      • ファイルパスや URL、デバイス ID などを指定できる
      • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Main-options
    • input_url の後ろにあるものが出力

      • 但し解釈不能なコマンドはすべて出力として扱われる
      • https://ffmpeg.org/ffmpeg-all.html#Description

結論

動作確認はしてないので注意

  • 送信側
    • ffmpeg -re -f dshow -i video="Hoge_Camera":audio="Hoge_MIC" -r 30 -c:v libx264 -an -f rtp rtp://224.0.0.255:1234 -c:a pcm_mulaw -vn -f rtp rtp://224.0.0.255:1235 -sdp_file stream.sdp
  • 受信側
    • ffplay -protocol_whitelist "file,udp,rtp" stream.sdp
      • ffplay を ffmpeg に変えて I/O 出来るようにしてやるとファイルに落としたり再送したりできる

各オプションについて

  • -re

    • 本来のフレームレートで読み込む。指定しない場合は早送りになる?
    • ストリーミングを流したりするときに利用する、エンコードで使うと遅くなりそう
    • https://ffmpeg.org/ffmpeg.html#Advanced-options
  • -y

    • 出力ファイルの上書きを確認しない
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Main-options
  • -f

    • I/O フォーマットの指定
    • ffmpeg は自動でフォーマットを検出する機能を持つが、それを無視する場合に使用する
    • https://ffmpeg.org/ffmpeg.html#Main-options
    • dshow
      • DirectShow デバイスを指定
      • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg-devices.html#dshow
      • https://trac.ffmpeg.org/wiki/DirectShow
      • DirectShow デバイスの一覧
        • ffmpeg -list_devices true -f dshow -i dummy
          • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg-devices.html#Examples-2
      • 入力デバイスの指定
        • TYPE=NAME[:TYPE=NAME]
        • http://ffmpeg.org/ffmpeg-devices.html#dshow
    • rtp
      • RTP を指定
  • -formats

    • -f オプションで指定できるフォーマットの一覧を表示
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Generic-options
  • -r

    • フレームレートの設定
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Video-Options
  • -c[:stream_specifier]

    • ストリームに対してコーデックを指定する
    • 例外的に -c copy はコーデックコピーとなる
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Main-options
    • -c:v で動画の -c:a で音声のコーデックを指定できる
  • stream_specifier

    • 各種オプションで利用するストリーム識別子
    • 雑に書くと v が映像、a が音声
    • http://ffmpeg.org/ffmpeg.html#Stream-specifiers-1
  • -decoders

    • 利用可能なデコーダーの一覧
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Generic-options
  • -an

    • 音声ストリームをブロックする
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Audio-Options
    • 動画ストリームを切り出すのに利用
  • -vn

    • 動画ストリームをブロックする
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Video-Options
    • 音声ストリームを切り出すのに利用
  • -sdp_file

    • SDP ファイルを出力する
    • https://www.ffmpeg.org/ffmpeg.html#Advanced-options
    • -y オプションの有無に関わらず上書きされる
  • -protocol_whitelist "tcp, udp, ..."

    • カンマ区切りでプロトコルを指定することで、プロトコルを利用できるようになる
    • https://ffmpeg.org/ffmpeg-protocols.html#Protocol-Options
    • SDP ファイルを用いて RTP ストリームを受ける場合には "file,udp,rtp" を指定する

      • file
        • ローカルファイルへのアクセスプロトコル
        • https://ffmpeg.org/ffmpeg-protocols.html#file
      • udp

        • UDP
        • https://ffmpeg.org/ffmpeg-protocols.html#udp
      • rtp

        • RTP
        • https://ffmpeg.org/ffmpeg-protocols.html#rtp
      • なんで file がいるのかは正直良くわかってない